NEWS

2017.10.09 Mon. FALCON'S BLOG FOOD

アメリカンシャルキュトリーならココ! Olympia Provisions







どうも。ファルコンこと森岡です。
皆さんシャルキュトリーに馴染みはありますでしょうか?弊社では現在主にソーセージのみですが、オリンピアプロビジョンズというところから輸入をして販売もしております。

ではシャルキュトリーとはなにか?日本シャルキュトリ協会の文を引用いたします。

「シャルキュトリcharcuterieとは食肉加工品全般の総称。chair(肉)+cuite(火を入れる)、が語源。
ハム、ソーセージ、パテ、テリーヌなどの総称で、その多くは豚肉を原料とし、鴨やジビエなどを使うこともあります。
これらを販売する店もシャルキャトリと言い、食肉加工技術を持つ職人をシャルキュティエcharcutierと呼びます。また、料理人がメニューのひとつとしてシャルキュトリを作成することもあります。塩漬けや乾燥、燻製など、肉の保存性を高める手段として発達し、その歴史はギリシャ時代までさかのぼります。

材料の種類、製法の違いにより多くの種類。
材料は、「塊肉」、「挽き肉」、「内臓および血」と大きく3つに分類され、製法もまた、「非加熱」、「加熱」、「発酵・熟成」、「燻製」…と数タイプに分かれます。その組み合わせの数だけ、シャルキュトリは存在すると言ってよいでしょう。なかなか職業としての確立は見ませんでしたが、15世紀に豚肉を加工して販売する職業がシャルキュティエとして認められ、16世紀には豚の屠畜も認められるようになりました(現在は行わない)。
イタリアでは、ラテン語のサルsal(塩)から派生したサルメリアsalumeria、ドイツでは、メツゲライmetzgerei と呼ばれます。」[http://charcuterie.jp/definition.html]

というものです。

ここのサラミもとても美味しいのですがなかなか持ってくるには大変です。現在展開している4種のソーセージも大変評判が良く、店頭での販売価格は3本1箱で1,200円(税別)とかなり高級ですが、それでも納得の味わいと価値です。現地でも8ドルもしましたので決してこちらで高くしているわけではありませんよ。





こちらの店舗ではこういったサンドイッチも。これがまぁ美味しいのなんのって。格別です。手前はチーズで見えませんが当店でも一番人気のイタリアンソーセージが入ったもの。

見てのとおり古い建物のヤレ感とスタイリッシュさの同居が、とてもかっこいい空間です。こんなところでワインを飲みながらシャルキュトリー……そりゃ最高ですよ。

ビアセラーサッポロで味わう・買う、はたまた両方?
待ってます!!
業者様ご案内
TOP