業者様
ご案内
2017/08/26/Sat
MAIN STORE
EVENT

9月もイベント盛りだくさんです!

どうもファルコンこと森岡です。
本日と明日は札幌競馬場の馬場内(一旦地下に潜って入る場所ですよ)にて、樽生クラフトビール4種を提供いたします。

ビアセラーサッポロが競馬場にてクラフトビールを提供するのは明日で最後となります。どうぞよろしくお願いします。ダークホースという銘柄のビールがあったのですがあまりに重いビールのため断念しました。競馬好きにはたまらない組み合わせになったかと思うといささか残念です。

さて本当にこれからもたくさんのイベントが控えています。
ただ名前を知ってほしくて、あるいは宣伝と在庫を減らしたいという考えのもとたくさんのイベントに出ているわけではありません。最近数多くのイベントを通して感じる「ビールが人と人を繋ぐ力」。これはビアセラーサッポロが輸入しているコモンズブルワリーも「Gather Around Beer」と謳っていますが、より強く実感しています。その輪をどんどんここ札幌で拡げていけたらと思って行っています。

そもそも私自身ビールがもたらしてくれる縁を強く感じています。とてもパーソナルな話になりますが、クラフトビールに出会いそしてハマった場所に足繁く通っていたことでビアセラーサッポロ立ち上げに関われました。そこに立っていることで数々の出会いが生まれましたし、人生のパートナーとも知り合うことができました。ただとても重要なのが、おいしいビールがその引力を強めてくれている気がするということ。決してビールならなんでもいいってことではないのかなと。なのでその引力をより強力にするために私は良いビールを提供し続けていければと考えます。それはもちろんセレクトの妙を言いたいわけでなく、管理や思いを込めて提供するという点を大事に考えたいと思います。

ま、ここ最近そんなことばかり投稿しているように思いますが……

とにかくそんな考えが当たり前なんでしょうが、それを続けることによって受け取ってくださった方の中でマイナスがプラスに替わったり、0から1が生まれたりするんだろうなと。ぼんやりとそんな風に思ってますし、私の中でもそれが起こり続けていくんだという確信もあります。

それを日常にしたい、そしてそれがビールだけじゃなくもう少し大きい枠組みでも考えていきたい、という気概を改めて持って臨むのが9月2日にある「飲・食・充Vol.1」(https://www.facebook.com/events/1980540528898052/?acontext=%7B%22ref%22%3A%2229%22%2C%22ref_notif_type%22%3A%22plan_user_associated%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D&notif_t=plan_user_associated&notif_id=1503667048866970)というイベント。イベントではなく日常になればいいなと思ってます。

そしてもう一つ近いイベントとしては9月9日の茶坊主劇場(https://www.facebook.com/events/1855378271444646/?acontext=%7B%22ref%22%3A%222%22%2C%22ref_dashboard_filter%22%3A%22upcoming%22%2C%22action_history%22%3A%22[%7B%5C%22surface%5C%22%3A%5C%22dashboard%5C%22%2C%5C%22mechanism%5C%22%3A%5C%22main_list%5C%22%2C%5C%22extra_data%5C%22%3A[]%7D]%22%7D)です。
こちらは日常をさらに美味しく楽しくさせてくれるイベントです。家飲みがさらに向上すること間違いなしですし、飲食店の方にとっても目からうろこな情報が盛りだくさんです。是非とも参加いただきたいです。

ということでまたそのあとのイベント情報なども追って更新してまいります。どうぞよろしくお願いします。

2017/08/11/Fri
MAIN STORE
FALCON’S BLOG

ビアセラーサッポロを知ってもらうということ

どうも!ファルコンこと森岡です。
夏というビールを美味しくしてくれる季節のおかげで、たくさんの面白い試みをさせていただいております。

今月末は特に!24日はやきとりのQさんにて夏祭りを。25日はスパイスの穴ムジナさんでワインとクラフトビールとスパイス料理の会を。そして26日・27日は先月末に続き札幌競馬場の「馬場内」にてパークデリさんとタッグを組んでクラフトビールを提供いたします。

さて、ビアセラーサッポロはいろんなところに行っていろんなことやっとるな、と思っていただけてますでしょうか。
ビアセラーサッポロのあり方というのはやや特殊です。「クラフトビールを扱う酒販店」の側面もあれば「クラフトビールを扱う立ち飲み屋」的な側面もあり、さらには自社で輸入をしたものがメインで並んでおり、その特異性は全国を見渡してもあまり存在しません。あまりね。

その多角性を活かしたことを我々は追及していますし、わかる人だけを迎え入れようとしているわけではなく、わからなくても楽しめることをやっていきたいと考えています。
そのためにお客さまにとってみると選択肢が非常に多いです。その多さから迷ってしまったり困ってしまうこともあるかとは思いますが、そこをアジャストさせるのが我々の役割でもありますのでどうぞお気軽にお尋ねください。
いかんせんお店のつくりとして分かりづらいことが多く感じられるかもしれませんが、その選択肢の多さ故と思っていただき、逆に楽しみ方がたくさんあるお店だと捉えていただければと考えております。またそう思っていただけるように我々は努めます。

ということで知ってもらってなんぼなのです。私が魅力を感じる「方向性が定まっていてブレないが柔軟、そして店主の一貫した好みが感じられる飲食店」という在り方と同じように、ビアセラーサッポロの軸となるのは「その多角性と選択肢の多さ」、つまるところ飲食店的ではなく商店としての在り方が前提となります。
これをご理解いただけるといっきにビアセラーサッポロの利用の仕方や楽しみ方が広がるかと思います。

極端な話、店内をフラッと覗いて帰るも良し。ほしいものを探しに来たけどなかったからサクッと一杯飲んで帰ろうでも良し。一杯飲んでおいしかったから家でも飲めるように一本買って帰ろうでも良し。入店したからモノを頼まなくてはならない買わなくてはならないなんてことはありません。もっと気楽に入店していただきたいです。

なのでこのような販売などもしましたし(コリアンダー!)

今はこのようなものも限定で販売中!(更なる面白いもの販売提案も受け付けております!)

という具合にビアセラーサッポロの在り方自体が本当に面白いのです。それは人によっては節操のないやり方に見えてしまうかもしれませんが、そうではないのです。我々の根幹である商店的発想に則ればこれもまた新しい楽しみ方の提示なのです。どんな使い方が良いか、どんな楽しみ方があるかは来ていただくお客様の数だけあるのかもしれません。それを共有してお店自体ももっと面白くしていきたいですし、ひいては街自体が(ポートランドを真似るではなくポートランドのように)面白くなればと思います。もちろんそれはまだまだおこがましいことではありますが……

ですからもっともっとビアセラーサッポロのことをいろいろな方に知っていただきたいのです。
私ファルコンは少しでもそうなるようにいろんなところに出向きますよ。

ただ付け加えると私の好みや感性、こだわりもまた人一倍厄介なものがありますので、面白い=変なことであることもままありますのであしからず(笑)

2017/08/06/Sun
MAIN STORE
FALCON’S BLOG

札幌の夏を楽しみましょう!

皆さんこんにちは。ファルコンこと森岡です。
さぁさぁ札幌の短い夏を楽しみましょう!
札幌の姉妹都市ポートランドのクラフトビールをメインに輸入するお店としては、この札幌の人たちの夏の盛り上がり方がポートランドに似ているように思ってしまいます。
ポートランドも1年の7割は雨と言われていて、短い晴れの季節を思いっきり楽しむようなイベントが盛りだくさんなんです。
それを札幌に置き換えてみるとやっぱり夏祭りやビアガーデンなんかの混雑具合がそうなのかなと思います。

やはりビアガーデン盛り上がっていますね。ビアセラーサッポロは南1条の西12丁目にありますので、ビアガーデンのドイツ村会場とは目と鼻の先なんです。
そして普段は21時で閉店してしまいますが、このビアガーデンの時期に合わせて延長しております。8月15日までは23時半まで開けてますので、是非お気軽にお立ち寄りください。

アメリカンクラフトビールの面白さはその味わいの幅広さも一要因かと。ですからビールの後にビールを飲む感覚ではなく、日本酒やワインを飲みなおすかのような感覚で楽しんでいただけます。
より強烈な苦味を体験したいならばIPAを選んだり、酸味が欲しい場合はサワービールやりんごのお酒ハードサイダーを、また食後のコーヒーのイメージでポーターやスタウト、あるいはコーヒー自体が入ったものなども。実際に日本酒酵母が使われたビールやハードサイダーもございますので、是非召し上がってみてください。

札幌の夏をより楽しいものにできるように、おいしくて面白いと感じていただけるクラフトビールを用意・管理し提供いたしまう!皆様お待ちしております!!

※写真の夏祭りは昼はラーメン夜はやきとりのお店「Q」さんで行うイベントです!以下引用です。詳しくはこちらのURLをクリック!➡(https://www.facebook.com/Qキュウ-251423101708735/?hc_ref=ARR4HSTi8GncNLy9KOska9JGJeh1_381YonCE4XqC9yDoPKPDuOg5iALBaPokpkMSqM&fref=nf)

【夜】ヤキトリQ
8月24日(木)「Qの夏祭り」と称しまして、スタンディングパーティーを開催いたします!
今回のテーマは「クラフトビール」。
国内外のクラフトビールを取り扱う「BEER CELLAR SAPPORO」より、森岡祐樹氏を招き、夏に飲みたいビールを皆さまと共に飲んで食べて楽しむ、粋な夜にいたします。
概要はこちら↓
日時:8/24(木) 18:30 OPEN 19:00 START
場所:Q
会費:5000円(税込)完全予約制
(ウェルカムスパークリング+3ドリンクチケット+フード)
※人数が制限に達した場合、予約を締め切る場合がございます。
※会の性質上、現金のお会計のみとさせていただきます。
ご予約必須のイベントです!
ご予約はメッセージか、こちらまで↓
011-212-1499(15時以降のご連絡をお願いいたします)

2017/08/05/Sat
MAIN STORE
INFO

BEER CELLAR TOKYO?

https://www.facebook.com/Izumi-brewery-和泉ブルワリー-1976399725907060/?fref=ts

こんにちは。ファルコンこと森岡です。
本日はちょっと面白いニュースを紹介です。

ビアセラーサッポロが輸入しているTHE COMMONS BREWERYというポートランドの醸造所があります。
Urban Farmhouse Aleという銘柄を筆頭に、ピルスナーはもちろんのことサワービールまでも造り出す幅の広さを持ち、それでいてすべてのビールの質が高いポートランドでも有数の醸造所です。

この醸造所の魂に触れ感化された日本人が存在します。(私のように)ただそこに赴いて飲んで感動したという気軽な感銘ではなく、実際にそこで醸造体験も経てそしてレシピまで知っているという稀有で奇特な方です。冒頭で引用しているページの和泉ブルワリーを立ち上げた和泉さん。彼が件の尊敬する変態です。(和泉さんすみません笑)

脈絡のない醸造所立ち上げが多くなってきていると言うと語弊があるかもしれませんが、クラフトビール専門の飲食店も同様に根幹となる部分がまだ見当たらない状態でスタートを切るようなことが多くなってきているのではないかと。そんなことを思ったりする中、和泉さんのブルワリー立ち上げはワクワクを感じさせてくれますし、なによりビアセラーサッポロとしても少し関わらせていただけるという具体的な楽しみもあります。

それが表題にもあるようにビアセラートウキョウの発想です。
和泉さんのビールが飲めるようになるまでまだしばらくかかってしまうため、先にこの場所でビアセラーサッポロ輸入のクラフトビールを扱うタップルーム&テイスティングルームとして稼働します。

ファルコンも頻繁にこちらに出向くことになるかと思いますので、その時は東京周辺の皆さんどうぞよろしくお願いします。

2017/07/04/Tue
MAIN STORE
FALCON’S BLOG

ビアセラーサッポロのウェブページが出来ました!

とウェブページ内で記す矛盾。どうもファルコンこと森岡です。

ビアフォレスト前に予定していたビアセラーサッポロ関連イベントが、ある程度落ち着きましたのでようやく記事をアップ!
当店の仮営業開店日は2014年12月11日でした。早いものでもうすぐ3年経ちます。
オーナー青木さんからポートランドのビールを輸入しようと思う、ということと同時にビアセラーの構想を聞かされワクワクしたのがちょうど3年前の今頃だったように思います。

ビアセラーサッポロになる前の内装

仮営業を始めてから徐々に徐々に店内が出来上がっていきました。はじめは有料試飲をボトル商品数種と簡易サーバーから2種で提供しており、ショーケースに並ぶビールの種類もそこまで多くはなかったです。
テーブルやカウンターすらない状態からいろいろなものが足されていき、3月頃には冷蔵室に穴を開けお手製サーバーが完成しました。
この頃の自分はまったくなんの役にもたってなかった印象ですね。本当に店頭に立つ以外の業務はまるでできてなかったです。ただ一緒にやってきた方々から教わることが多く、今もこうしてビアセラーサッポロに立ち続けています。

そしてこんなかっこいいウェブサイトをつくっていただけたのは、これまで地道にやってきたおかげなのかなと。それはもちろん自分が頑張ってるからだよと言いたいわけではなく、オーナー青木さんの方針やアイディアによるところが大きいです。
改めてもっともっとビアセラーサッポロの面白さがいろんな方に伝わっていけば良いなと思います。(思うだけじゃなくてやらなきゃいけませんね)

「こんなビールがありますよ」って紹介するとき、ブログやSNSに書くことで誰でも伝えられます。でも自分は直接しゃべることで胸を打つことが少しはできるようになってきたと思ってます。
はじめは小手先の話術や声のトーン、そして付け焼刃のような知識でしたが、今では「飲んでみたいな」と思っていただけるよう皆さんに伝えることができるようになったと思います。
でもそれはあくまでビールを飲んでもらうまでの話です。お客さまの目の前にビールが現れた瞬間から後はビールが語ってくれますね。
そしてそうやって伝えることができる人を増やしていくことも自分にとって重要なことだと感じてます。自分がいないと店は駄目だというのは気付いてないだけでまだまだ自分がダメなだけなんですよね。
そしてビールの状態管理や洗浄も絶対に怠ってはいけません。そのために知識は常に増やし続けていかねばなりませんし、たくさん飲まないと伝えることはできません。
これに関しては仕事としてではなく趣味や生きがいも兼ねているのでなんら強制的ではありませんね。

ですから皆様のその一杯が最高の一杯に、その一本一缶が最高の買い物になるように、これからも我々は努力してまいります。これからもどうぞよろしくお願いします!

この写真を見ると初心にかえって心もまっさらに。頑張るぞ!

MAIN STORE

DAIMARU SAPPORO

HARAJUKU

未分類

ARCHIVES